Project

超esports学校

eスポーツを通じた教育の機会を提供することを目的としたコミュニティ・連絡組織を⼀般社団法人超教育協会と一般社団法人日本eスポーツ連合と運営推進します。

Project Director

超eスポーツ学校 (主催:一般社団法人超教育協会、一般社団法人日本eスポーツ連合)

 

Initiative

eスポーツの教育への導入に関心を持つ大学、専門学校、高等専門学校、高等学校、中学校、小学校によるコミュニティとしてのワーキンググループを形成し、下記のような活動を行っていきます。
 
・共同カリキュラムの作成・提供、修了認定
・eスポーツの教育的効果に関するリサーチの実施、エビデンスの取得
・クラブ活動の活性化に向けた活動
 
上記の活動を行っていくのに加え、eスポーツ業界の有識者にフェローとして参画をいただき、共同カリキュラムの講師を務めていただくほか、ワーキンググループの活動へのアドバイスをいただきます。超eスポーツ学校の設置についてお知らせして以降、多くの学校、有識者の皆様から賛同の声をいただき、ワーキンググループ、フェローに新たに参加頂いています。

Details
lot.or.jp/projectgroup/2091/

学生×esports

iUの学生も日本のesportsの発展にむけて様々な活動を行っています。活動例をご紹介します。
①BS11
連携先:日本BS放送㈱
プロジェクトディレクター:志村一隆、イノベーションマネジャー
活動内容:「ウイニングイレブン」「パワフルプロ野球」両タイトルの学生No.1を決める「第3回 BS11CUP全日本eスポーツ学生選手権大会」の企画・運営を行いました。プレイベントとして、「BS11CUP iUプレ学生選手権大会」を学内で実施し、配信業務にも携わりました。
詳細ページ:
BS11CUP iUプレ学生選手権大会
第3回 BS11CUP全日本eスポーツ学生選手権大会

②フィジカルeSports
連携先:AXEREAL株式会社
プロジェクトディレクター:イノベーションマネジャー
活動内容:フィジカルeSports”KINIX-Spirit Overflow”の日独連携展開企画プロジェクトです。競技人口拡大を目指し、フィジカルにコンテンツを使用するイベントでの運用と、バーチャルにコンテンツを使用する遠隔配信での運用を開発、実装しました。
詳細ページ:
制作HP
参考Webページ

Project at hand

未来の学校
超大学
Lifelong Learning
Entre­preneur
超esports
SDGs
Local DX
Local Revitali­zation
City
Tech
Future Media
産学連携プロジェクト
Virtual Lab