Project

齊藤大将

Themes

社会貢献・チャリティのためのデザインとテクノロジー

Research Outline

本研究室では、ゲームのように現実の日常生活へ没入できるための社会や技術に
ついてグローバルな視点で研究・開発します。テクノロジーを使って社会貢献やゲーム世界のようにこの世界を救うAlternative
Reality、また身体や精神をサポートしたり、Accesible TechやInclusive designを考え、実際にプロジェクトを始めることを目指します。(例:目が見えない人の美術鑑賞はどうしたらできるだろうか、目が見えない人にファッションを楽しんでもらう方法は?など)
VRやメタバースなどの最新のテクノロジーやデザイン、インターネットの仕組みなども学習し、より学習・研究意欲がある場合は、プログラムを書いたり、サービスを作ったり、論文を書くことも行います。機会があれば、VR上での研究室や講義も行いたいと考えております。未経験でも丁寧に教えます!

Virtual Lab Director
名前
齊藤大将
肩書

株式会社シュタインズ 代表取締役

プロフィール

エストニアの国立大学タリン工科大学物理学修士修了。大学院では文学の数値解析の研究。 フリーランスエンジニアを経て、 VR教育の研究開発や障害者向けVR英語教育やVR学校、VR 美術館の制作などを行う。

URL
www.i-u.ac.jp/people/11969/
齊藤大将

Project at hand

未来の学校
超大学
Lifelong Learning
Entre­preneur
超esports
SDGs
Local DX
Local Revitali­zation
City
Tech
Future Media
産学連携プロジェクト
Virtual Lab